酔った勢いにいいこと無し

私の人生初の二日酔い体験は会社の飲み会での出来事でした。

その日は休日で会社のメンバーとバーベキューをしに同僚の車で遊びに行きました。

お肉もお酒もたらふく食べ飲み、幸せいっぱいに岐路につきました。

明日からも仕事がある為早めに就寝しようとした時です。

「私さん、今暇でしょ?××で飲んでるから来なよ。」

私が入社時から気になっていた先輩からのLINE。

行くしかない!

取り敢えず念のために二日酔いサプリを飲んでいきました。

先輩方4人と合流(2人きりじゃなかったのか…)。

昼から飲んでいたにも関わらず、合わせて飲むわ飲むわ。。

かなりふわふわして心地よい状態になっていました。

終電が近づいて来たためお開きになり、乗る線が異なるため他の先輩方とお別れし、気になる先輩と二人きりで電車へ。

二人きりの時間にキュンとしていたその時、さっと手を繋いできた先輩。

「えっ。。」

私の心はもうドキドキです。

「時間ある?もう一軒行かない?」

行きます!!!

その後3軒ほど飲み屋をはしごし、ふわふわからふらふら状態へ。笑

もうそろそろ帰らなければならないから!と先輩に言われ、それぞれタクシーで自宅へ帰りました。

次の日。

朝から吐き気と頭痛にうなされながらも会社へ出勤。

二日酔い防止サプリも飲んでいたので、これは二日酔いではなく体調不良だ!と思い込んでいました。

お客様の対応もするのですが、お客様の体臭、香水の匂いにさらにおえっ。

吐き気が治まりません。

その時!いつもお店に来る、おじいちゃんが本日も来店。

その方がいつも強烈な香りを発していることはスタッフ内でも有名でした。

おじいちゃんの接客をほぼ呼吸せずに終えた私は即座にトイレへ。

15分は出てこなかったと思います。

吐き終わるとさっきまでの体調不良がどこへやら、すっきりして気分爽快。

二日酔いってこれのことかと痛感しました。

二日酔い防止サプリってあんまり効果なかったみたいですね。